DTB

最適な地デジアンテナを購入するなら|電界強度を要チェック

屋外設置の利点

安定した受信のために

TV

地デジアンテナを設置する際、手軽な室内アンテナというものが販売されています。工事は費用が掛かるし、デジタルなら車でも受信できるくらいですから安価で設置したいときに選ばれやすそうです。しかし、車というものは屋外の使用です。やはり屋内となると受信電波が弱まってしまうのは否めません。窓枠に鉄線などが入っていればさらに電波は弱まり、屋内用地デジアンテナでの受信が難しくなります。電波が多少弱くても受信できるのが地デジアンテナの利点ですが、大幅に電波が弱まり始めるとブロックノイズというものが頻繁に画面に現れ、視聴しづらくなります。もっと電波が弱くなると、デジタルですので中途半端に映るということがあまりなく、映るか、突然真っ暗になるかという現象も多いです。特に家屋がコンクリート造りの場合は大幅に電波を遮断してしまいます。ですので、できる限り電波が弱くならないよう障害物がない場所に設置したいところです。それにはやはり、地デジアンテナは屋外に設置するのが最適です。屋根に取り付けると工事費等かかりますが、ベランダでも簡単に取り付けできます。壁に穴を開けられないようであればサッシの隙間から引き込む中継線もあります。大事な番組の録画中などにノイズや映らなくなるといった障害がないようにしたいです。また電波には指向性というものがあり、決まった方向からしか受信できないという性質があります。部屋の壁に屋内用地デジアンテナを設置しても、電波の受信できる向きが部屋の角からだったら非常に弱い電波になり、障害物が少なくても受信できないという事態になりかねません。屋外ならベランダでも取付金具によって角度も調整可能ですので利点は多いです。

意外と忘れがちです

丸いアンテナ

家を購入した際に忘れがちな事と言えば、テレビに関する対応です。テレビはコンセントに繋いだだけでは見ることが出来ません。テレビを見るためにはアンテナが必要になります。意外と知られていないことが多く、引っ越し後にテレビが映らなくて困ったという話を耳にします。中古住宅を購入した場合には、前の方が残していくケースもありますが、新築の場合には自分で設置する必要があります。現在は地上デジタル放送であるため、地デジアンテナを設置することになります。地デジアンテナにはいくつかタイプがありますが、昔からよく見かける魚の骨のようなUHFアンテナと、ボックスタイプのデザインアンテナが主流です。UHFアンテナの方が安価ですが、強風や鳥害に弱いという弱点があります。最近では地デジアンテナの中にも室内に設置できるタイプが発売されていますが、電波が不安定になりやすいため、特殊な場合を除いては室外への設置が望ましいです。その際DIYブームの影響もあり自身での作業をお考えの方も多いと思いますが、いくつか欠点が存在します。まずアンテナは周りに障害物があると電波を受信しにくいため、周りに何もない場所に設置するのが理想です。そのため屋根に設置することが多く高所作業になるため危険が伴います。また素人では設置が不十分で強風に耐えられなかったり、電波の受信が上手くいかなかったりというケースが考えられます。長く使っていくものなので、安心安全ということを考えると業者に依頼することをお薦めします。ただし、初期費用の安さに釣られて後から高額な請求をされたということもあるので、地デジアンテナの業者選びには慎重になる必要があります。

種類もいろいろ

アンテナ

日本では2011年7月にテレビ放送はアナログ放送から地上デジタル放送に切り替わりました。ちょうどこの年の3月に東日本大震災があったため、被災地では延長期間がありましたが、この年に地デジに切り替わりました。2000年初頭より、少しずつ移行をはじめた地上デジタル放送は、そのきれいな画質によりテレビの歴史が大きく変わったといっても過言ではありません。メリットは画質にとどまらず、テレビ番組表をすぐに確認することができたり、情報番組にリアルタイムに参加することができるなど、インターネット普及と同じように地デジによりテレビが進化しました。地デジアンテナが必要なため、今までのアナログテレビから新しくテレビを購入したり、地デジアンテナがない場合は別途チューナーを購入しなければ視聴することができません。地デジアンテナがなければテレビを接続しても見ることができません。地デジアンテナはいろいろな種類があります。魚の骨のようなかたちの屋外に設置するタイプのアンテナや、屋外でもカバーのように壁に貼り付けて設置するタイプ、屋内に設置するタイプもあり、価格もまちまちです。DIYの流行により自分で屋外に設置しようと考えている方もいますが、地デジアンテナは業者に設置工事をお願いすることをおすすめします。日本は台風が多いこともあり、きちんと設置しなければ強風などにより倒壊する危険もあります。またBSやCSテレビを視聴したい人は別途BS・CS対応アンテナの設置が必要です。

屋外設置の利点

TV

地デジアンテナは屋外設置にするほうが安定した受信ができます。屋内では電波が弱くなりやすく、設置場所によって角度が合わず受信しにくくなる場合もあります。壁に穴をあける必要もなく屋外設置もできますので屋外の方が利点は多いです。

Read More

費用や作業の流れ

テレビ

現在は地デジアンテナを設置しないとテレビを見ることはできません。費用の相場は50000円から100000円程度です。業者に連絡して現地調査のスケジュールを決めましょう。調査に基づいて見積書が作成されるので、それに納得したら着工します。

Read More

デザインアンテナが人気

丸いアンテナ

地デジアンテナは指向性アンテナとデザインアンテナが人気を二分していますが、どちらも電波状況を確認してから取り付けることが前提です。デザインアンテナだと電波を拾えない場合は指向性アンテナ、それでも弱いようであればケーブルテレビ等との契約です。地デジアンテナは工事の人に相談してから選ぶといいでしょう。

Read More